営農支援

地域の特色を生かした、技術支援活動。

営農支援課では、専門農家から家庭菜園のオーナーまで親切ていねいなアドバイスを心がけ、軽いフットワークを身上に、組合員農家を主体に多くの方々に技術支援をしていきたいと思っています。巡回訪問や指導、窓口相談などを行っています。

営農技術が日進月歩めまぐるしいスピードで変化している今だからこそ、組合員の皆様のご要望に応える、充実したを営農指導を行っています。営農支援課は大里農林振興センター普及部や埼玉県病虫害防除所のほか、関係機関と密に連絡をとりあい、専門技術の向上に日々努力を重ねています。

JAふかや安全・安心野菜システムの取り組み

JAふかやでは

今後は特産野菜の付加価値化の研究を行い、減農薬・減化学肥料栽培をさまざまな品目で取り組めるよう普及していきたいと考えています。そしてイムノ・アッセイ法を用いた安全野菜の産地「ふかや」を築いていきたいと考えています。

農業

農業の担い手育成に向けた取組み

JAふかやは、「新たな食料・農業・農村基本計画」(平成17年3月閣議決定)を踏まえ、将来の農業の持続的発展に向けて、農業担い手育成に、積極的に取り組んでいます。また、農業担い手を金融面から支援するため、「担い手金融リーダー」の設置等、担い手金融機能強化に取り組みます。

相談窓口
営農支援課 TEL.048-574-1159

このページの先頭へ戻る